厚木版 掲載号:2012年3月23日号

「防災意識 常に必要」 社会

船子自主防災隊が避難所体験

炊き出し訓練をする住民
炊き出し訓練をする住民

 船子自主防災隊(野原明隊長)が主催する避難所体験と避難所運営訓練が3月11日、船子老人憩の家で初めて行われた。

 大規模な災害の発生を想定したこの体験は、非常時に円滑な対応ができるよう備えてもらうことが狙い。

 この日は、同地区住民70人が参加。東日本大震災発生時刻の午後2時46分に黙とう後、仮設トイレの組み立てや炊き出し、ごみ置き場を設置した。

 参加者からは「仮設トイレが詰まってしまい戸惑った」「常備薬を忘れると大変」などの声が上がった。

 「地域のコミュニケーションが確認できてやって良かったと思います」と野原隊長。「地域で団結することで、防災意識を少しでも高めていってもらえれば」と呼びかけた。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

夏の特別金利キャンペーン

新規のお客さま限定、キャンペーン期間は7月31日(水)まで

https://www.daiwa.jp/campaign/1906dnb/

ケアワーカー・保育士募集中

特別養護老人ホームミノワホームと厚木市認可保育園カミヤト凸凹保育園で求人募集

http://www.minowahome.or.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク