厚木版 掲載号:2012年3月30日号

地価公示

住宅地 下げ止まり気配

商業地の最高地点、中町2丁目の地点で2・7%下落

 今年も、平成24年3月23日付けで地価公示の結果(地価公示価格)が国土交通省から発表され、神奈川県分については神奈川県からも発表された。地価公示価格は、毎年1月1日現在の価格として発表されるもの。神奈川県内では今年も1821地点の価格が発表された。

 この結果から県内の地価は4年連続して、全ての用途で下落しているものの、昨年に引き続き下落率は縮小する傾向が見られる。

 県内を広域的に見ると大型商業施設がオープンした辻堂駅の周辺地域では上昇した地点も見られる。

 厚木市の地価を見ると、住宅地の価格高位地点で下落率が1%未満の横這いに近い地点が目立つなど、住宅地の地価が徐々に下げ止まりの気配を見せ始めているなどの状況にあるものの、住宅地を含む発表された市内の地点の全てで下落を示す結果となった。

 用途別の平均で見ると、住宅地が1・5%の下落を示したほか、商業地が2・0%、準工業地が0・9%、工業地が1・5%、市街化調整区域内宅地が1・9%の下落を示す結果となった。地点別に見ると、住宅地の最高は旭町5丁目の地点で、1平方メートル当たり21万2千円、下落率が0・5%、商業地の最高は中町2丁目の地点で1平方メートル当たり90万2千円、下落率が2・7%となっている。

 今回の調査結果では、全国的に見ると、東日本大震災の影響も見られる結果となっており、関東地方でも液状化被害などを受けた地域では震災の影響が地価にも及んでいる実態が示されているなどの状況にあるものの、全般的には地価の下落幅も縮小傾向にあり、底打ち傾向を見せ始め、安定基調に変化している状況にあるものと判断される。

 今後の不動産市場の見通しについては、安定的に推移していくものと判断されるが、終着点の見えない欧州危機、原油や円相場の動向など、経済動向に不安要因を抱えている状況などから、これら経済動向次第では、下げ止まり基調を見せ始めている地価も、一転して先行きに不透明感が出てくる可能性もあるものと判断される。

※ 資料提供・解説

 不動産鑑定士 中津川治
 

厚木市プレミアム付商品券 

厚木市プレミアム付商品券、10月1日から使えます!詳細はHPをご確認下さい

http://premium-gift.jp/atsugi/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

「人と人のつながり大切に」

02年以来のW杯出場

女子ラグビー日本代表

02年以来のW杯出場

1月20日号

423人のハーモニー響く

本殿修繕後初の「六夜祭」

注目集まる”あつぎ婚”

親から子へ孫へ、43年

厚木市民朝市2000回の裏側(上)

親から子へ孫へ、43年

1月20日号

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク