厚木版 掲載号:2012年3月30日号

厚木せせらぎホタルの会

ホタル400匹を放流 文化

ゆっくりと放流する参加者
ゆっくりと放流する参加者

 厚木せせらぎホタルの会(川島健作会長)が3月25日、三田せせらぎの小道を流れる川でゲンジボタルの幼虫の放流を行った。

 同会は有志で結成されたボランティア団体。ホタルの飛び交う環境の復活を目指して活動し、今年で5年目を迎えた。毎年放流を実施しており、昨年は最大20匹のホタルが飛びまわる姿を確認できたという。

 この日は同会員のほか、神奈川工科大学の学生らおよそ20人が参加。ホタルの幼虫約400匹と、エサとなるカワニナ2000匹を放流した。また空き缶などのゴミも取り除いた。

 川島会長は「無事に放せて良かった。ホタル観賞が出来る季節になったら、昨年以上の50匹が飛んでくれれば」と意気込んだ。今後、定期的に川に足を運び、ホタルの成長を見守っていくという。

※関連記事に人物風土記
 

厚木版のローカルニュース最新6件

「人と人のつながり大切に」

02年以来のW杯出場

女子ラグビー日本代表

02年以来のW杯出場

1月20日号

423人のハーモニー響く

本殿修繕後初の「六夜祭」

注目集まる”あつぎ婚”

親から子へ孫へ、43年

厚木市民朝市2000回の裏側(上)

親から子へ孫へ、43年

1月20日号

医療事務急募!

海老名総合病院、東海大学医学部付属病院で募集

https://www.nichiigakkan.co.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク