厚木版 掲載号:2012年3月30日号

保育所にぬいぐるみ

届けられたぬいぐるみ
届けられたぬいぐるみ

 市内松枝のもみじ保育所(成田美奈子所長)に3月12日、長さ約5cmのうさぎのデザインをしたぬいぐるみが120体、匿名でポストに届けられていたのを職員の原田元代さんが見つけた。

 原田さんは「ポストを開けたらぬいぐるみが入っていて驚きました」と当日の様子を振り返った。子どもたちは「何だろう」と驚いた様子だったという。

 ぬいぐるみは布製でひと針ひと針、手で縫ってあり、口と目にビーズがついている。また、手紙も同封されており「お子さん達に上げて下さい」とメッセージが添えられていた。

 成田所長は「今度小学生に上がる子どもたちはランドセルにつけたり、お守りにしたりと使わせていただきます。子どもたちのことを気にかけていただき、お気持ちが何より嬉しいです」と感謝の言葉を述べた。

 同日に市内中町の厚木保育所(古内敦子所長)にも同数のぬいぐるみが届けられた。保育所の入り口には子どもからお礼の言葉が書かれていた。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

夏の特別金利キャンペーン

新規のお客さま限定、キャンペーン期間は7月31日(水)まで

https://www.daiwa.jp/campaign/1906dnb/

ケアワーカー・保育士募集中

特別養護老人ホームミノワホームと厚木市認可保育園カミヤト凸凹保育園で求人募集

http://www.minowahome.or.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク