厚木版 掲載号:2012年5月18日号

マイホーム取得助成制度

1カ月で応募160件 社会

昨年度を上回るペース

申請は市住宅課で受付
申請は市住宅課で受付

 厚木市への定住促進を目的に市が2011、2012年度に行っている「厚木市マイホーム取得助成制度」。今年度の受付を開始した4月16日から5月11日までの約1カ月で、申込み数が約160件あった。

 同制度では、取得した住宅の年末ローン残高の1パーセント(上限12万円)を助成する。3年間で最大36万円。

 市住宅課によると、昨年度の助成数は180件。東日本大震災の影響による着工の遅れなどで、4、5月中に新居へ住所を移して申請したケースは約20件だった。9月以降は増えたものの、予定件数の約3分の1に留まっていた。

 今年度の応募件数は、1カ月ですでに昨年度分に匹敵するペース。その理由について同課は「交付対象はマイホームに住所を移してから6カ月以内の方。昨年11月ごろに引っ越し、生活が落ち着いてきた方が多く申請しているのでは」と分析する。

 また今年度で制度が終了することもあり、同課は11月から12月にかけて駆け込み応募があると予想。「予定件数は600件なので、できるだけ早めに申請を」と呼びかけている。

 申込みは同課窓口で12月17日(月)まで受け付ける。厚木市内に持ち家が無い、2011年4月1日以降に契約し、新築または中古を含む住宅を購入、返済期間が10年以上の住宅ローンを利用しているなど条件がある。申込書は市役所や各公民館、本厚木駅、愛甲石田駅の連絡所で手に入る。

 問合せは同課【電話】046・225・2330まで。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

「人と人のつながり大切に」

02年以来のW杯出場

女子ラグビー日本代表

02年以来のW杯出場

1月20日号

423人のハーモニー響く

本殿修繕後初の「六夜祭」

注目集まる”あつぎ婚”

親から子へ孫へ、43年

厚木市民朝市2000回の裏側(上)

親から子へ孫へ、43年

1月20日号

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク