厚木版 掲載号:2012年5月25日号

ジュニアゴルフ

芳崎陽紀(はるき)君が世界へ スポーツ

日本代表選抜大会で優勝

「世界選手権でも優勝したい」と芳崎君
「世界選手権でも優勝したい」と芳崎君

 厚木市立南毛利小学校4年の芳崎陽紀君(10歳)が、5月13日に岐阜県の花の木ゴルフクラブで開催された「世界ジュニアゴルフ選手権日本代表選抜大会」(決勝大会)で優勝。日本代表選手として、7月にアメリカのサンディエゴで行われる第44回キャロウェイゴルフ世界ジュニアゴルフ選手権の出場権を手中にした。

 この大会は、一般社団法人国際ジュニアゴルフ育成協会(IJGA)が主催し、出場者の年齢で5つのカテゴリーに分けて実施。芳崎君が出場した「9―10歳の部男子」には、予選会を勝ち上がった18人がエントリーした。

 「ショット、アプローチ、パターとすべてが良かった」という芳崎君は、この日4バーディー・6ボギーで、トータル2オーバーの74で回り、2位と1打差で優勝を飾った。

 昨年も同大会に出場し、準優勝で日本代表の切符を逃し涙をのんだ芳崎君。「取りたかった試合なので、優勝できてすごく嬉しかった」と笑顔を見せた。キャディーを務めた父の直紀さん(41歳)は、「優勝への思いが強く緊張感があったが、プレーはリラックスして力を抜いて切り替えができていた」と振り返った。

 世界選手権は3日間の競技日程で行われるジュニアゴルフにおける最高峰の大会。「楽しんでプレーして、優勝したい」と意気込みを話した。

 芳崎君がゴルフを始めたのは3歳の時。幼稚園年長の頃からは、横浜のスクールに通い本格的に練習を始めた。現在もスクールに通うほか、地元の飯山ゴルフスクエアでも練習に励む。週に1度はコースにも出る。

 現在、身長140cmの芳崎君。ドライバーの平均飛距離は200ヤード。「風を読み遠くにボールを飛ばせた時が一番気持ち良い」と語る。目標とする選手は「攻めの姿勢が好き」という池田勇太プロ。「自分もプロゴルファーになってツアーで優勝したい」と目を細めた。
 

厚木版のトップニュース最新6件

あつぎ新時代!!

元号と共に 厚木が変わる いしい正英の三大ゼロ政策

https://www.ishiimasahide.com/

みんなで築く 「元気なあつぎ」

厚木市長・小林つねよし 政治信念は「市民協働」「現地対話主義」

http://tsuneyoshi.net/

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク