厚木版 掲載号:2012年8月17日号

「安心コール」

電話で地域つなぐ 社会

森の里で新規事業始まる

利用者へ連絡を取る
利用者へ連絡を取る

 森の里地区地域福祉推進委員会(玉巻百合子委員長)が、7月15日から高齢者に定期的に電話であいさつや健康チェックなどを行う新規事業「安心コール」を開始した。

 この取り組みはひとり暮らしの高齢者が地域で安心して暮らせるように、定期的に健康を確認し地域とのつながりを支えることが狙い。

 対象は森の里地区在住の70歳以上のひとり暮らし高齢者。利用は無料。

 市高齢福祉課によると、森の里地区の70歳以上のひとり暮らし老人登録は38人(7月1日時点)で、安心コールには、7人が登録している(8月7日現在)。連絡はもりの応援隊コーディネーターと元民生委員、地域福祉推進員が担当する。通話時間は3分程度。平日の午前9時から12時までの間で希望日を聞き、一週間に一度連絡を取り合う。電話がつながらない場合は、民生委員らが訪問。個人情報を取り扱うため、他の人に内容が伝わらないように別室で連絡をとるなど配慮している。

 玉巻委員長は「スタートしたばかりの事業でやってみなければ分からないことも多い。様子を見ながら修正してやっていく。電話の内容については、あくまで安否確認が基本になるが、利用者からの要望があれば検討していく。今後、登録者が徐々に増えてこればと思っている」と話した。

 申込み、受け付けは、森の里公民館窓口、または左記の安心コール専用の電話番号に連絡すれば、担当者が直接訪問し、登録を受け付ける。

 問合せは、安心コール専用【携帯電話】070・5550・5262まで。時間は土日、祝日、年末年始を除く9時から12時まで。
 

宝安寺 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

「人と人のつながり大切に」

02年以来のW杯出場

女子ラグビー日本代表

02年以来のW杯出場

1月20日号

423人のハーモニー響く

本殿修繕後初の「六夜祭」

注目集まる”あつぎ婚”

親から子へ孫へ、43年

厚木市民朝市2000回の裏側(上)

親から子へ孫へ、43年

1月20日号

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク