厚木版 掲載号:2012年8月17日号

「環境を考えたい」 教育

初のエネルギー教室に20人

画用紙に絵を描く児童
画用紙に絵を描く児童

 子どもたちに自然エネルギーを知ってもらうための教室が8月1日、元町公民館で初めて開かれた。「元町子ども会元町ソフト」が主催し、首都圏でエネルギーの知識を身につける講座を開催している「安全なエネルギーを考える会」(中川由香子会長)が協力した。

 この日は、子ども会に所属している児童約20人が参加。人体の熱を有効利用しているスウェーデンのストックホルム駅の例を紹介しながら、環境やエネルギーをテーマに紙芝居が行われ、参加した児童は夢中になって聞き入っていた。その後、テーマに沿った絵を画用紙に描いていった。

 参加した宇野七葉さん(厚木小5年)は「環境についてもっと考えていきたいと思う。太陽の使い方を工夫してみたい」と話した。

 中川会長は「楽しみながら環境への知識を身につけてほしかった。地熱、太陽光などのエネルギーの必要性を知ってもらえれば嬉しい」とコメントした。
 

北海道グルメバイキング!!

2019年8月18日限定 北海道と富士屋ホテルのコラボをお楽しみください

https://www.yumotofujiya.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク