厚木版 掲載号:2012年8月31日号

地震に備えマニュアル配布 社会

緊急避難アイテムなど紹介

マニュアルは掲示や持ち運びに便利なA4サイズ
マニュアルは掲示や持ち運びに便利なA4サイズ

 地震発生時に身を守るための備えをまとめた「地震対応マニュアル」を、厚木市がこのほど作成した。広告料収入を財源とする「広告掲載事業」を活用しているため、市の負担額はない。

 市民の防災意識向上を目指し、防災講話やセミナーを積極的に開催している厚木市。今年4月には、市内で想定される震度予測を記した「ぼうさいマップ」を発行、約10万部を市民に配布している。今回、大震災対応マニュアル作りのノウハウがある株式会社野毛印刷社(横浜市)の提案をもとに、今年6月頃から製作を始めた。

 マニュアルは水に強く、破れにくいストーンペーパーと、耐水性に優れた特殊インクを使用。東日本大震災の被災地で実際に聞いた「あると便利な緊急避難アイテム」を、コメントつきで紹介している。各家庭で備えるものや正しい行動などを、具体的に取り上げているのが特徴だ。

 作成部数はおよそ10万部。地区ごとの指定避難場所が書かれた「地区別版」と「市内共通版」がある。9月2日(日)の総合防災訓練までに自治会を通じて配布する予定。また公民館などの公共施設や、転入世帯は市民課窓口でも手に入る。

 市危機管理課は「冷蔵庫など、身近な場所に貼ってもらえれば。防災訓練で早速活用して欲しい」と話した。問合せは同課【電話】046・225・2190まで。
 

【PR】タウンニュース政治の村

神奈川県内および東京都町田市の全政治家(首長、市町村議会議員、県議会議員、都議会議員、衆議院議員、参議院議員)約1,000人のデータが検索できます。

http://seijinomura.townnews.co.jp/

厚木版のローカルニュース最新6件

医療事務急募!

海老名総合病院、東海大学医学部付属病院で募集

https://www.nichiigakkan.co.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク