厚木版 掲載号:2012年8月31日号

12月16日に厚木市文化会館大ホールで行われる「第九」の運営委員長

万年 孝助さん

温水在住 72歳

「力強さと勢い伝える」

 ○…「あつぎ市民芸術文化祭」第九の結団式が7月22日に行われ、現在練習の真っただ中だ。市民から募った合唱団200人をまとめる。10年以上ミュージカルと第九に携わってきた。ミュージカルでは運営委員の傍ら、自ら”役者出演”も果たしたが、第九の舞台に立ったことはまだない。「2時間の長丁場。ソリストの声がでないときがあった。それだけ難しいけれど、自分の気持ちを込めて歌う第九は大きな感動を与える」と強い想いを口にする。

 ○…栃木県足利市生まれ。実家は家具職人の「指物師」。「家の手伝いはしっかり。返事をはっきり」しつけられ、味噌、醤油は隣の人に借りに行くのが日常だった。インテリアデザイナーを志し、20歳で設計事務所に入社。その後丸井でカジュアル家具、色彩デザインの道に。「人間はどんな環境でも順応するもの。厳しかったが入ったからにはやるしかない」と自らに言い聞かせてきた。

 ○…妻と娘、3人の孫と暮らす。子どもの頃から音楽が好きかと思いきや、「音楽も歌も苦手。AKB48も歌えない」と無邪気に話す。周囲からは「あっけらかんとした性格」が人気らしい。ボウリングが趣味。最高スコアは287。マイボールを8個持っているほど。洋蘭も自宅で育てており、「よく花屋と間違えられるんだ」と苦笑する。”顔晴れ”が信条。「何をやるにしても明るく笑顔に」という意味だそう。(株)厚木楽器で設計、防音、レイアウトなどを担当している。万年佐吉会長の弟にあたる。

 ○…今年の第九のテーマは「絆」。「第九のショムニですよ」と謙遜しながらも「力強さと勢いが魅力。若い人もたくさん参加してくれる。若い力は宝物。楽しんでいる姿を伝えたいね。ドイツ語で歌うので、背伸びせずできる範囲で。最後まで練習を見守るよ」と周囲への気配りを忘れない。当日は相川小4〜6年生が被災地の石巻市立相川小へエールを贈る企画も。
 

厚木市プレミアム付商品券 

厚木市プレミアム付商品券、10月1日から使えます!詳細はHPをご確認下さい

http://premium-gift.jp/atsugi/

<PR>

厚木版の人物風土記最新6件

国丸 リサさん

厚木市成人式「はたちのつどい」で音楽ライブを行った

国丸 リサさん

1月20日号

丹羽 結希さん

設立40周年を迎えた相模国飯山白龍太鼓保存会の会長を務める

丹羽 結希さん

1月13日号

小澤 伸悟さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第49代理事長に就任した

小澤 伸悟さん

1月6日号

鈴木 百萌子さん

車椅子バスケットボール女子日本代表選手でパラスポーツトライアルに参加した

鈴木 百萌子さん

12月16日号

山下 俊紀さん

さがみ介護ロボット開発支援センター所長で介護・医療ロボットの開発を支える

山下 俊紀さん

12月9日号

中村 幹夫さん

11月1日付で厚木商工会議所の第10代会頭に就任した

中村 幹夫さん

12月2日号

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク