厚木版 掲載号:2012年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

ソフトボール女子U19日本代表チームのヘッドコーチを務める 宗方 貞徳さん 厚木商業高校ソフトボール部監督 50歳

ソフト一筋 YAZAWA命

 ○…厚木商業高ソフトボール部を2年連続インターハイ優勝へ導いた敏腕監督。その実績が評価され、来年7月にカナダで行われる第10回世界女子ジュニアソフトボール選手権で19才以下の日本代表を率いる。すでに今月1日から3日間、選手の選考会を行った。選考基準は「投手を中心としたバランス重視のメンバー」。12月には代表選手17人が発表され、2度の合宿を経て世界の舞台へ挑む。本大会はインターハイ直前だが「信頼できるスタッフたちがソフト部にいるからこそ、こうした話を引受けることができた」と感謝の気持ちを忘れない。

 ○…平塚出身。伊勢原高校への進学を機に、野球からソフトボールへ転向。ポジションはセカンド。高校では全国3位、大学では2度のインカレ準優勝を果たした。指導者としてのスタートは教員になってから。平塚の中学校に赴任し、さっそくソフト部の顧問に。「ソフトボールが初めての子ばかり。みるみる上達する姿を見るのが面白かった」。

 ○…10年間の中学校勤務のあと、平塚商業を経て厚商へ。師匠と仰ぐ利根川勇氏と1年間チームを率い、跡を継いだ。就任当初は全国の舞台でなかなか勝てなかった。「我々は来年があるが3年生は最後の一年。申し訳ないなと思った」と唇をかむ。そんな中で支えとなったのがこれまでの伝統。「引退後も上級生が後輩のために練習を見てくれた。去年、今年の結果はその積み重ねだと思います」。

 ○…体育教師としても多くの子どもたちに接してきた。「卒業式はいつも教師冥利に尽きる。どんな学年でも、一緒にいてよかったなって。だから辞められない」と笑顔になった。

 ○…子どもは3人。小学5年生の長男は野球少年。「あまり息子のプレーは見たことないんです。妻に『たまには見てあげたら』と言われるんですが…」と苦笑い。毎年武道館に駆けつけるほどの、矢沢永吉ファンでもある。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版の人物風土記最新6件

亀山 珠樹さん

さつき病児保育室の実施法人(株)LIFE DOORの代表取締役を務める

亀山 珠樹さん

2月16日号

臼井 スミ子さん

公民館や夢未市などでみそ作りの講師を務める

臼井 スミ子さん

2月9日号

内田 正晴さん

県スポーツ優秀選手表彰を受けた、林中学校男子団体形競技チームの監督を務める

内田 正晴さん

2月2日号

植森 貴政さん

県優良工場表彰を受けた(株)コスモテックスの代表取締役

植森 貴政さん

1月26日号

森 義信さん

救急車の適正利用や民間救急サービスの普及に尽力している

森 義信さん

1月19日号

田中 俊太さん

プロ野球・読売ジャイアンツに入団した

田中 俊太さん

1月12日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク