厚木版 掲載号:2013年1月25日号
  • googleplus
  • LINE

インフルが流行 7小中学校で学級閉鎖

社会

手洗い・うがいが大切
手洗い・うがいが大切

 1月17日に県内へインフルエンザ流行発生注意報が発令され、この冬も本格的にインフルエンザの流行期に入った。市内でもすでに7小中学校で学級・学年閉鎖が行われている(1月22日現在)。

 市保健給食課によると今シーズン最初に閉鎖したのは、緑ヶ丘小4年生の1クラス。在籍31人中、14人がインフルエンザに罹患したため、1月15日から18日まで措置が取られた。

 昨年も同時期から発生しており、同課は「今年も昨年とほぼ同じペース」と話す。その後、森の里中2年、睦合東中1年が学年閉鎖したほか、妻田小、戸室小、森の里小でも学級閉鎖。現在は愛甲小6年1クラスが25日(金)まで、妻田小3年1クラスが26日(土)まで、同小5年1クラスが27日(日)まで実施されている。

 「これからさらに増えると予想されるので注意して欲しい」と市健康医療課。石鹸で15秒以上手首を含めてしっかりと手を洗う、うがい、アルコールでの消毒などを呼びかけている。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク