厚木版 掲載号:2013年2月15日号
  • googleplus
  • LINE

創部10周年を迎えた「厚木ボーイズ」代表 中野 克彦さん 妻田北在住 49歳

運は努力が呼んでくる

 ○…1月27日に創部10周年記念式典を行った。「10周年に特別な思いはない。1年1年が勝負だった」。設立の当初は、在籍するメンバーを守ることで精一杯だった。1期生は5人、2期生は4人、3期生は8人と少人数。さらにそのほとんどが「ソフトボール出身」。硬式野球チームを作るうえで、練習場所すら確保できない状態は過酷だった。現在は専用のグラウンドを持つ。部員数も31人にまで増えた。「努力の結果、偶然を生み、運に恵まれる」という言葉を信じて指導を続けた。これは、日本最古の探偵事務所を開設した、岩井三郎の言葉だそうだ。

 〇…26歳から東京都八重洲の「岩井三郎事務所」で探偵のノウハウを培う。28歳で市内に探偵事務所を開業。内容は企業信用調査や社会事件など幅広い。危険な調査もあった。「パチンコカード」を偽造する組織を追って街なかを捜査中、突如、後頭部に拳銃を突きつけられた。これ以上関わるなという合図。幸いトリガーは引かれなかったが「死を覚悟した」という。約15年、夢中で続けた探偵だが、息子の高校進学を機に辞めた。現在は山際の野球ショップを経営する。

 〇…北海道日高市に生まれた。7歳から厚木に住む。中学3年生のときに父親が交通事故で死亡。しかし「親父は死んで俺に自由をくれた」と振り返る。中学を卒業し、勤めていたアルバイト先に就職。その後スナック店を開業。プロ野球選手の夢を追ったこともあった。

 〇…勝利にこだわる。そのための努力にこだわる。しかし努力の方向は、とことん考えなければならない。「小さな子どもが正義の味方になりたいと夢を語っても構わない。しかし中学生で同じ事を言ってはいけない。正義の味方になりたい、だから弁護士や警察官になりたい、そのためにこんな努力をしている。そう言える人間になって欲しい」。チームでは、自分と向き合う時間を与え「生き方」を教え続ける。5人家族。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版の人物風土記最新6件

亀山 珠樹さん

さつき病児保育室の実施法人(株)LIFE DOORの代表取締役を務める

亀山 珠樹さん

2月16日号

臼井 スミ子さん

公民館や夢未市などでみそ作りの講師を務める

臼井 スミ子さん

2月9日号

内田 正晴さん

県スポーツ優秀選手表彰を受けた、林中学校男子団体形競技チームの監督を務める

内田 正晴さん

2月2日号

植森 貴政さん

県優良工場表彰を受けた(株)コスモテックスの代表取締役

植森 貴政さん

1月26日号

森 義信さん

救急車の適正利用や民間救急サービスの普及に尽力している

森 義信さん

1月19日号

田中 俊太さん

プロ野球・読売ジャイアンツに入団した

田中 俊太さん

1月12日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク