厚木版 掲載号:2013年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

桜の写真投稿サイト「さくらプロジェクト」の管理人 末光 正明さん 厚木市マルチメディアボランティア 50歳

桜の便り 届けたい

 ○…いつもより早い、桜の季節到来。この人も「今年は開花が早かった」と焦ったうちの一人だ。情報プラザでパソコン教室を行う厚木市マルチメディアボランティア(通称マルボラ)が運営するウェブサイト「さくらプロジェクト」の管理人。掲示板風のサイトにはマルボラメンバーや一般市民からの桜の写真と、簡単な説明文が投稿されている。桜の種類も定番のソメイヨシノから、河津桜やしだれ桜までさまざま。飯山や厚木球場などの「定番スポット」というよりは、愛甲や七沢、森の里といった穴場からの投稿が目立つ。

 ○…「市民に桜の開花情報を」との思いで2000年から始まった「さくらプロジェクト」は、初期メンバーでこそないがマルボラの会長らと共に進めている。「毎年、桜が咲いている約2週間が勝負。最初の頃は手分けしていろいろな場所を探しました」と回想。市民がより気軽に参加できるよう、メール投稿から掲示板形式へリニューアルしたのは自身の発案だ。

 ○…約10年前からマルボラに参加。会社が休みの毎週土曜日に情報プラザでパソコン教室の講師を務めている。あらゆる要望に応えられるよう、自宅には各バージョンのOSが入ったパソコンを揃える。「主婦にお年寄りといったいろいろな立場の人の話を聞けるのがうれしい」。

 ○…大分県生まれ。高専時代は友人らがバイクに興味を示すなか、自身が夢中になったのはパソコン。日本製初の本格的家庭用コンピュータ、NECのPC8001を使っていた。「雑誌を見ながらプログラムを作りました。学校の課題の難解な計算をやらせていましたね」と笑う。その後は電機メーカーに就職し、配属されたのが厚木。「たまたまだったけど、それが良かったのかな」としみじみ。自分にとってのおすすめ桜スポットを聞くと、その答えは「我が家の近くかな」。「隣りの桜はナントカ」と言うべきか、伊勢原在住。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版の人物風土記最新6件

亀山 珠樹さん

さつき病児保育室の実施法人(株)LIFE DOORの代表取締役を務める

亀山 珠樹さん

2月16日号

臼井 スミ子さん

公民館や夢未市などでみそ作りの講師を務める

臼井 スミ子さん

2月9日号

内田 正晴さん

県スポーツ優秀選手表彰を受けた、林中学校男子団体形競技チームの監督を務める

内田 正晴さん

2月2日号

植森 貴政さん

県優良工場表彰を受けた(株)コスモテックスの代表取締役

植森 貴政さん

1月26日号

森 義信さん

救急車の適正利用や民間救急サービスの普及に尽力している

森 義信さん

1月19日号

田中 俊太さん

プロ野球・読売ジャイアンツに入団した

田中 俊太さん

1月12日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク