厚木版 掲載号:2013年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

厚木市 4月から各条例が施行 市民協働のまちづくりへ

政治

 厚木市では、市民協働でのまちづくりを目指して10の条例制定に取り組んでいる。これまで6条例が施行されているが、4月1日付で新たに「自転車安全利用促進条例」と「住民投票条例」「公契約条例」が施行される。また「子ども育成条例」などすでに施行された条例の一部条項も同日付で施行される。

 これで市が進める10条例のうち(仮称)里地里山保全促進条例を除く9つが施行される。主な条例施行による変更点を紹介する。

自転車安全利用促進条例

 この条例はセーフコミュニティの理念のもと、自転車の安全な利用に関する基本事項を定めたもの。市、自転車利用者、自転車小売業者などそれぞれへの責務を明文化している。

 中でも大きな点が、13歳未満の子どもなどへの乗車用ヘルメット着用義務化。国の定める道路交通法では着用は努力義務となっているが、より踏み込んだものとなっている。罰則規定はない。市では2010年から児童用自転車ヘルメット購入費の助成事業を続けており、市くらし安全課によるとこれは2013年度も引き続き行われるという。

 その他、自転車講習会実施も明文化。同課では「高齢者の自転車事故が増えているので、自治会や老人会単位での講習会実施をさらに進めたい」と話している。

住民投票条例

 2010年に施行された「自治基本条例」の第36条にある住民投票についての必要事項を定めたもの。

 条例では、市全体に重大な影響を及ぼす事項について、住民投票を行うことができると規定。市民もしくは議会の請求、市長の提案により住民投票ができる。市民による住民投票の請求については、代表者による証明書交付ののち、市の選挙人名簿登録者の5分の1以上の署名が集まれば行うことができる。

 投票結果は議会や市長を拘束するものではないが、投票の結果は尊重しなければならない。

子ども育成条例も全面施行

 昨年12月の定例会で可決され、同月に公布・施行された「子ども育成条例」。このうち一部の条項が4月1日付で施行される。

 追加施行される条項では毎月第3水曜日を「あつぎ家庭の日」とし、家族の団らんを深めることを求めている。また、毎年5月を「あつぎ子ども月間」に指定。スポーツなじみDAYなどのイベントを同月に移し、親子で参加できるイベントを設ける。

 このほか観光振興条例や文化芸術振興条例についても、同日付で各推進委員の設置などを定めた条項が施行される。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

KAIT BLUEに奨励賞

開幕前に決意表明

長谷スポーツ少年団が40周年

「2度目の春、迎えました」

新春のつどい

◆(株)リラフル

新春のつどい

2月16日号

新春のつどい

◆厚木地区食品衛生協会

新春のつどい

2月16日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク