厚木版 掲載号:2013年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

花火大会に有料シート 河川敷に2000席

昨年の花火大会の様子
昨年の花火大会の様子

 今年は8月3日(土)の午後7時から行われる、あつぎ鮎まつりの花火大会。初の試みとして、今年から有料観覧席(エキサイティングシート)が設けられる。

 これは厚木市がこのほど発表したもの。有料席は三川合流点内に例年設けられる協賛席に隣接する全席指定の2000席で、料金は1席2500円。打ち上げ地点からは200m、フィナーレのナイアガラからは100mという場所だ。

 市観光振興課によれば、有料席導入は近年多くの花火大会で有料席が設けられていることを受けてのこと。売上げは個人協賛金扱いとなり、当日の会場警備や設営費用に充てられる。

 もともと鮎まつりの実行委員会では、イベント自体の予算が厳しくなる中、有料化についての議論が以前からあがっていた。

 そんな中、昨年の大会でビール会社が観覧席のプレゼントを企画。準備した100席に1万通の応募があった。場所取りの必要のない観覧席の需要があると判断した実行委は各地の花火大会を視察した上で、有料席導入を決めた。

 しかし、ビール会社の企画は無料の招待席。今回の有料観覧席にも同規模の応募があるかは未知数だ。大人も子どもも1人2500円という金額設定に関しても、観光振興課では「現在は1万円の協賛につき3人分の席を用意することや、他市の大会の金額を参考に設定した」と話している。「金持ちのため」「有料観覧席を設けるより車いすの人など、会場に来づらい人を招待しては」という声もあり、話題を呼びそうだ。

 購入はセブンイレブン店内のマルチコピー機「セブンチケット」で8月1日(木)まで可能。購入者には「あゆコロちゃん」レジャーシートが当日配布される。チケット販売の問合せは、あつぎ鮎まつり実行委員会【電話】046・295・5496へ。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のトップニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク