厚木版 掲載号:2013年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

風水害対応をシミュレート 県央地域初の図上訓練

社会

訓練後は研修会も開かれた
訓練後は研修会も開かれた

 県央地域風水害対策訓練が7月3日、県総合防災センターで初めて行われた。

 同訓練は近年、集中豪雨などによる河川の氾濫が原因で浸水被害や土砂災害が発生していることから、厚木市ほか県央8市町村を中心とした関係機関を対象に開かれた。災害対策本部で避難勧告や近隣地域へ応援要請などの指示を判断する責任者が参加しているのが特徴。主催は県県央地域県政総合センター。

 この日、市役所や消防署、警察署、気象台、土木事務所など25機関108人が参加。その場で想定内容が発表されるブラインド方式で実施され、出席者は避難区域の決定や各機関との連携などを図上でシミュレーションした。

 同センター県民・安全防災課の永島誠課長は「事前に想定を伝えて臨むシナリオ型訓練と比べ、より実践に近い内容でできた」と振り返った。今後も定期的に訓練を企画して、風水害に備えるという。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク