厚木版 掲載号:2013年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

厚木法人会 新会長 ZOOM UP 「一期一会」で税の啓発

社会

「地域に恩返しを」と小嶋会長
「地域に恩返しを」と小嶋会長

 先月6月、公益社団法人厚木法人会の新会長に、小嶋完治さん(株式会社小島商店・70歳)が就任した。活動にかける思いを聞いた。

 ※   ※    ※

 ▽法人会は租税教育や税の啓発などを行う組織。厚木市、愛川町、清川村から2773社が所属している。改正税法説明会や経営に関するセミナーを実施するほか、植林などの奉仕活動を行う。40年以上、同会で尽力してきた経験が買われ、牽引役に推薦された。「税金は生活で身近なものなのに、あまり知らない人も多い。知っていれば無駄をなくし節税にもつながる。まずは興味を持ってもらわなければ」と意気込む。

 ▽市内金田で5人兄弟の長男として生まれた。高校卒業後は家業の農業を手伝うことに。「働いてみると、売り手が値付けできないことに矛盾を感じた。両親に経済的な苦労をかけたくなかった」と、1962年に一念発起して起業。トラック1台で、砂利や砂などの運搬や販売を始めた。「資金も経験もノウハウもない、ゼロからのスタート。毎日がむしゃらに働いた」と当時を振り返る。心掛けていたのは『一期一会』。顧客を第一に考え、休みを返上して働いたことも多々あった。その地道な努力を積み重ねて信頼を築き、50周年を迎えた今、ミキサー車とトラックの保有数は20台超。生コンの製造や建設機械の販売を行うまでになった。

 ▽今でも農業は趣味として続けている。約150坪の土地で、四季折々の野菜を育てる。「今はゴーヤにナス、スイカかな」と声を弾ませる。収穫物の多くは近所や従業員に”おすそ分け”。楽しみにしている人も多いのだとか。

 ▽「地域に育ててもらったから自分にできることは何でもしたい」という想いから、PTA会長をはじめ様々な役職を歴任。現在はライオンズクラブ会員、公民館長など多くの顔を持つ。「今年12月で71歳になる。私の人生で最後の奉仕活動という想いで、全力を尽くしたい」と白い歯をみせた。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク