厚木版 掲載号:2013年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

森の里小 空き教室活用し憩いの場 高齢者の居場所づくりに

教育

式典ではテープカットが行われ開設を祝った
式典ではテープカットが行われ開設を祝った

 森の里小学校(西川克行校長)内に、空き教室を利用した共生型福祉ステーション・高齢者居場所づくり事業施設「陽だまりの家」が市内で初めて開設された。12月9日に同校で記念式典が行われ、関係者約40人が出席した。

 「陽だまりの家」は、高齢化が進む同地区の引きこもりや孤立を防ぎ、楽しく安心して過ごしてもらう見守り支援をすることが目的。利用のスタートは12月16日。森の里地区地域福祉推進委員会(玉巻百合子委員長)が中心となり、壁にペンキを塗ったり、床にワックスをかけたりして準備を進めてきた。事務机は地域の人の寄贈で賄い”心癒される空間”を目指した。

 式典では、小林常良厚木市長、玉巻委員長、西川校長などが出席し、テープカットが行われた。式典の冒頭では玉巻委員長が、開設にあたり「多くの方のご協力をいただきましてありがとうございます」と挨拶。

 西川校長は「子どもたちと高齢者の方が同じ屋根の下で一緒に活動ができ、触れ合うことができます。今後は、様々な活動に発展させていくことができたら」と話した。

 「陽だまりの家」は同地区内に住む65歳以上の高齢者を対象に、午前コース、午後コース、一日コース、昼食コースの4コースを設定。当面は月・水・金の週3日間、予約制(定員6人)で利用を受け付ける。利用にあたっては、500円から1500円の利用料金がかかる。送迎は地域巡回乗合バス「森の里ぐるっと」が協力して行う。

 問合せは、森の里公民館【電話】046・250・5262。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク