厚木版 掲載号:2014年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

本厚木駅 南口にバス待避所 ロータリー内の混雑緩和へ

ケヤキ撤去の準備が進む(1月25日撮影)
ケヤキ撤去の準備が進む(1月25日撮影)
 本厚木駅南口のロータリーに、路線バスの待避所を作る工事が進んでいる。これまであった植栽部分を利用するため、南口のシンボルだったケヤキの木も近日中に撤去される。

 この工事はバス、タクシー、乗用車が錯綜している南口ロータリーの交通混雑緩和が目的。

 市道路維持課によれば、南口のロータリーは面積3460平方メートルと狭いなか、路線バスの停留所が3カ所ある状態。朝夕の通勤・通学時間帯には後発のバスが駐車できず、ロータリー内を周回することもあった。

 退避場所となるのは現在植栽がある幅約36mの部分。バス2台分の待機ができるという。

 すでに工事は1月14日に着工。当初は昨年12月初めから2月末までが工期だったが、植栽部分にあるケヤキの木を運ぶ特殊車両の通行許可の申請が長引き、完成は3月中になる見込みだという。期間中一部車線の制限はあるが、道路全体の通行止めはしない。工事予算は2000万円。

 気になるのは「南口のシンボル」とも言うべき2本のケヤキの木のゆくえ。2月上旬までには撤去される予定だ。撤去後はさがみ縦貫道路・圏央厚木インターチェンジ周辺の空きスペースに移植されるという。

 同課の小菅正課長は「ロータリーがスムーズな流れになることで、危険回避ができれば」と話した。景観よりも交通混雑緩和を優先した形だけに、その効果に注目が集まりそうだ。

厚木版のトップニュース最新6件

4月から区域再編

地域包括支援センター

4月から区域再編

3月30日号

SC(セーフコミュニティ)担当部長を新設

「地域の居場所」めざす

市街地整備 見通し定まる

山際地区

市街地整備 見通し定まる

3月23日号

3月31日で全館休館

厚木市郷土資料館

3月31日で全館休館

3月16日号

来年3月めざし出店計画

イトーヨーカドー駐車場跡地

来年3月めざし出店計画

3月16日号

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク