厚木版 掲載号:2014年1月31日号

健康に過ごすヒントを紹介 社会

荻野・玉川地区で医療講座

来場者も積極的に講座へ参加した
来場者も積極的に講座へ参加した

 健康を考える「医療講座」が1月22日に玉川公民館、23日に荻野公民館でそれぞれ開催され、両会場合わせて57人が参加した。

 荻野・玉川の両地区は「健康食育あつぎプラン」推進モデル地区に指定されている。この講座は同事業の一環で行われた。

 テーマは「健診等の重要性、かかりつけ医を持とう、ロコモ予防」。玉川会場では黄金井形成外科小児科クリニックの黄金井康巳院長、荻野会場では林医院の林正博院長が登壇し、病気の早期発見や健康状態を知るための手段として定期的な健康診断が重要であることを話した。

 また「ロコモ(運動器症候群)予防」の講師を務めたのは後藤整形外科の後藤典彦院長。寝たきりにならないために日ごろから気をつけることや、いつまでも自分の足で歩き続けるための簡単な運動法などを紹介した。

 さらに「まちの保健室」も同時開設。体重測定や血圧測定、尿検査を含む健康相談や栄養相談、地域包括支援センターの職員による高齢者の介護・福祉に関する市民の相談に乗った。

 主催した市健康医療課は「参加者は真剣に話しを聞いていた。ためになったという声もあったので、今後も地域の先生と協力して続けていきたい」と話した。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ミツマタ香るハイキング

ミツマタ香るハイキング

ガイド協会が案内

3月14日~3月14日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク