厚木版 掲載号:2014年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

「キヌア」を知って 東農大の栽培成果も発表

日高さん(中央)の講演に熱心に耳を傾ける参加者たち
日高さん(中央)の講演に熱心に耳を傾ける参加者たち
 講演会「アンデスの穀物『キヌア』って何?」が1月25日、愛甲公民館で行われ、住民ら24人が参加した。

 この講演会は、2013年が国際食糧農業機関(FAO)の定めた国際キヌア年であったことから、先進的な地域の取り組みや特色のあるイベントに参加することで、見聞を広めてもらうことが目的。

 キヌアは、アンデス地方が原産のアカザ科の一年草。その色や高い栄養価を持つことから「黄金の穀物」とも呼ばれている。現在、国内自給率は0%で年間162tを輸入に頼っている。

 この日の講師は、東京農業大学講師の日高憲三さんと、NPO法人上野原ゆうきの輪の大神田良行さん。日高さんが、同大学農場での栽培実験やワークショップなどの成果を交え、キヌアの出荷量推移をグラフで解説するなどした。その後、参加者全員でキヌアの試食を行った。

 初めてキヌアを食べたという愛甲在住の長田晴江さん(64)は「さっぱりとした味。サラダに混ぜたら食べやすいのでは」と話した。

厚木版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク