厚木版 掲載号:2014年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

手をつなぐ育成会が50周年 2月1日 講演と事例発表会

定期的なイベントで交流を深めるメンバー
定期的なイベントで交流を深めるメンバー
 厚木市手をつなぐ育成会(風間陽子会長)が今年で創立50周年を迎える。同会は、市内に住む障がいがある人たちが、地域社会の中で生き生きと暮らせる環境づくりをめざし、ともに励まし助け合いながら障害福祉を推進することが目的。会員は現在、正会員98人とボランティアなどの賛助会員15人の113人で構成されている。正会員は知的障がい児(者)の保護者。

 行事は多岐にわたり、ジャズダンスなどのスポーツ教室を毎月開いているほか、梨狩りや共同募金など、総合福祉センターを拠点に活発に活動している。

 同会は「手をつなぐ親の会」として1964年4月に発足した。現在の会に名称を変更したのは96年10月。その後、00年9月、ぼうさいの丘公園内に障がいがある人を雇用するともしびショップ・喫茶「きらら」の運営を開始した。このショップは、市社会福祉協議会が行う公益事業の一環として同会に運営委託されているもの。障がいがある人が地域と触れ合い、買い物体験、就労体験、職場体験などを通し、自立と社会参加促進を実現していく。

 「きらら」の立ち上げから携わる風間会長は「きららは支え合いの実践の場。親として、障がいがある人に何ができるのか。50年間続けてこられたのは人と人とのつながりがあってこそ。対人の温かみを、これから続く人たちにも続けていっていただけたら」と話した。

記念講演会を開催

 同会では、50周年を記念した講演会と知的障がい者のための成年後見事例発表会を2月1日(土)、ヤングコミュニティセンターで行う。参加無料。時間は午後1時から同4時。参加希望者は直接会場へ。問合せは、同会事務局【電話】046・244・5036(那須さん)。

厚木版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク