厚木版 掲載号:2014年3月28日号
  • googleplus
  • LINE

近隣住民へ進捗を公開 市立病院建て替え工事

新南棟の免震装置を見学する参加者たち
新南棟の免震装置を見学する参加者たち
 今年12月のI期工事完成に向けて作業が進む厚木市立病院。敷地内に新たに建てられる施設の施工状況を見てもらおうと、近隣住民を対象にした見学会が3月22日に行われた。

 同病院としては、新設する棟に合計104カ所設置される免震装置を見てもらうことで、災害拠点病院としての安全性を理解してもらうことがねらい。

 見学会には自治会役員など約20人が参加。工事が進む救急・手術棟と新南棟の現場を確認した。各現場では免震装置の説明や工事の進捗状況が担当者から話された。住民からは、詳しい免震の仕組みや今後の工事状況についての質問などが投げかけられた。

 見学会に参加した松枝自治会の陣内忠彦会長は「すごい規模の免震設備。このような構造があるのは頼りになるし心強い」と感想を話した。市立病院の杉田則夫病院事業局長は「今後もこうした近隣の方々への説明機会を設けていきたい」と語った。

厚木版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク