厚木版 掲載号:2014年5月16日号
  • googleplus
  • LINE

安定した給水と豊作祈願 西部用水の通水式

経済

水門を開放する細野理事長
水門を開放する細野理事長
 厚木市や伊勢原市、平塚市へ農業用水を供給する西部用水の通水式が5月12日、市内酒井の大相模水神社で行われた。

 式典は神奈川県相模川西部土地改良区(細野收司理事長)が、毎年この季節に実施している。この日は用水の流域にあたる3市から高山松太郎伊勢原市長、落合克宏平塚市長、鈴木勲厚木市副市長などが出席。同土地改良区役員や県関係者らとともに安定した給水と安全、豊作を祈願し、その後水門を開放した。

 細野理事長は「通水式が終わると田んぼに水が張られ、田園風景に一変する。地域の人たちにゆとりを与える環境ができる」などと参加者を前に挨拶した。

 西部用水本線は相模原市の磯部地区から取水し、厚木市、伊勢原市を経由し平塚市へ流れる。約1300haの田畑が農業用水として利用している。

厚木版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク