厚木版 掲載号:2014年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

ロボットを身近に感じて 体験施設がオープン

社会

ロボットとコミュニケーションをもつ黒岩知事
ロボットとコミュニケーションをもつ黒岩知事
 ロボットのある暮らしを身近に感じてもらおうと、市内妻田西の住宅展示場内に5月25日、「ロボットハウス厚木」がオープンした。この日の式典には、黒岩祐治神奈川県知事や小林常良厚木市長などが訪れ、実際に生活支援ロボットを体験する一幕もあった。

 ロボットハウスは、生活支援ロボットの実用化や普及を通じた地域の安全・安心の実現をめざす神奈川県が企画。大和ハウス工業のモデルハウス内に、食事や読書支援、床下点検、コミュニケーションロボットなどを常設展示し、誰でも無料で体験することができる。

 さがみ縦貫道路周辺の厚木市を含む10市2町は昨年2月、国が「さがみロボット産業特区」に指定。県はロボットの実証実験や実用化に向けた支援をしている。厚木市は介護・医療ロボットエリアに指定された。

 県内ではそのほかに、相模原市中央区の積水ハウスモデルハウスで「ロボットハウス相模原」が、横浜市緑区の住宅分譲地で「ロボットタウン長津田サテライト」が同日にオープンした。

厚木版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク