厚木版 掲載号:2014年6月6日号
  • googleplus
  • LINE

北村純一さんが1位 新緑俳句大会

 第16回新緑俳句大会が5月31日、アミューあつぎで開かれた。主催は厚木市俳句協会(阿部佑介会長)。

 当日は65人が参加。それぞれ3句を持ち寄り、参加者の投票によって優秀句を決めた。上位作品と作者は次の通り(敬称略)。

1位/背なの児の足で喜ぶ鯉幟(北村純一)

2位/泣き声のすでに大物初幟(菅原輝子)

3位/あめんぼう水に映りし雲に乗り(阿部川光興)

4位/加齢とはしづかに速し心太(志村宗明)

5位/まだ髷の結へぬ力士や藍浴衣(鈴木みすず)

6位/この村をもう知りつくし燕の子(塚田綾子)

7位/メロン切り幸せさうな愚痴を聞く(須藤桃代)

8位/息までも緑に染まる夏木立(難波徳重)

9位/繰り言は言わぬと決めて草を引く(内田衣江)

10位/旅みやげ貰い手のなき蝮酒(谷川治)

厚木版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク