厚木版 掲載号:2014年6月27日号
  • googleplus
  • LINE

活動報告 アミューあつぎで講演会『記者の目から見た福島の真実』 厚木市議会議員(会派民主クラブ) なきり文梨

 6月29日(日)にアミューあつぎで、『プロメテウスの罠』の執筆者の一人、朝日新聞横須賀支局長の前田基行氏を招き、報告会とトークセッションを行います。申込み不要、入場無料です。当日は、ぜひお越しください。

 以下、前田記者からのメッセージを紹介します。

 「福島の現状を一言で表現するなら『理不尽』という言葉以外に見つかりません。原発事故から3年3カ月がたちましたが、被災者の困難は何も変わっていません。ますます悪くなっています。

 安全だと思っていた場所が、実は最も放射線量が高かった―。国が民を見捨てた瞬間がはっきり見て取れたのが、事故直後の福島県浪江町津島地区でした。ここには町長始め、1万人近い人々が避難していました。しかし当時、国も福島県も東京電力も責任ある立場の人はだれも、ここが危険だと伝えませんでした。津島地区に住む主婦、菅野みずえさんの家には事故翌日の3月12日、25人が身を寄せていました。ところが、そこに突然、全身白ずくめの防護服姿の男が現れ、『頼む、逃げてくれ』『放射性物質が拡散しているんだ』と言って立ち去って行きました。男の警告に従い、菅野さんは自分の家の避難民だけは遠くへ逃がしました。それが正解でした。

 確かに、謎の防護服の男たちの警告は恐ろしいものでした。しかし、今から振り返ると、それ以上に恐ろしい光景が現場にありました」

厚木市議会議員 なきり文梨

http://nackyland.blog123.fc2.com/

厚木版の意見広告・議会報告最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク