厚木版 掲載号:2014年6月27日号
  • googleplus
  • LINE

ひがし座 節目の自主公演が大盛況 400人が来場

文化

「戻り橋」のラストシーン
「戻り橋」のラストシーン
 人形浄瑠璃「あつぎひがし座」(林田洋子代表)が主催した第40回の記念自主公演が6月22日(日)、厚木市文化会館小ホールで行われ、定員を上回る400人が来場した。

 同座は、神奈川県に古くから伝わる郷土芸能「相模人形芝居」を伝承、普及していこうと創設された厚木東高校人形浄瑠璃部の卒業生を中心に結成された。

 この日は、「二人三番叟」で幕開け。「新版歌祭文 野崎村の段」と、9年ぶりに上演された「増補大江山 戻り橋の段」の3演目を披露した。訪れた人は、披露された演目に熱心に見入っていた。

 林田代表は「ロビーにはあふれるほどのお客様が来ていただきとてもありがたかった。一生懸命お稽古に取り組んできて良かったです」と公演を振り返った。

厚木版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク