厚木版 掲載号:2014年7月18日号
  • googleplus
  • LINE

活動報告No.141 公衆トイレの洋式化 民主党県議団 副団長 さとう 知一

 全国組織「学校トイレの洋式化を推進する地方議員ネットワーク」主要会員として、公衆トイレ洋式化を強力に推進しています。

 文部科学省に設置された学校施設整備に関する検討会も「災害時には高齢者や障害者等、要援護者が使用することを想定したトイレは洋式が望ましい」としています。

洋式化の理由

1、子どもが学校でトイレを我慢せず、明るく楽しく健康的・衛生的に学校生活をおくれ、成績もアップ。

2、災害時に身近な避難所となる地域の学校トイレが和式だと高齢者・障がい者に負担が大きい。

3、和式よりも洋式は節水に優れ、環境にやさしい。税金で支払う学校水道料金が約1/3 も節水できる。

学校のトイレ

 神奈川県内、多くの高校において、施設の老朽化が深刻な問題となっています。

 県では「まなびや計画」に基づき順次建替え・改修を進めています。改修計画に併せて「学校トイレ洋式化」推進も強く求めて参りました。更に頑張ります。

民主党県議団 副団長 さとう知一

厚木市寿町1-2-3-101佐藤知一事務所

TEL:070-6407-3910

http://satotomokazu.wordpress.com/

厚木版の意見広告・議会報告最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク