厚木版 掲載号:2014年7月25日号
  • googleplus
  • LINE

市民が事業を「評価」 ネットで電子投票も

社会

昨年行われた外部評価の様子
昨年行われた外部評価の様子

 厚木市が2008年度から実施してきた外部評価が大きく変わる。「市民参加型」を採用した14年度は、7月26日(土)と27日(日)、中町のあつぎ市民交流プラザ6階(アミューあつぎ)で両日午後1時から行われる。

 今回は、市民の意見を広く反映しようと、県内初の試みとして無作為抽出で選出された市民60人が外部評価モニターとして参加する。また、全国初となる動画による生中継でネットでの電子投票を行う。事前申し込みは不要で入退場自由。

 外部評価とは、公募市民と有識者や企業の経営者で構成される外部評価委員会が、市民の立場や経営的な視点で市職員と議論を交わし、市民の意見を参考に事業の見直し、評価を行い市民サービスの向上を図っていくもの。今回は、市が実施している市民にとって身近な事業や、効果を検証することが必要な事業が対象。評価は「現行どおり」「要改善」「廃止」の3区分。昨年度までは98事業を評価し、「現行どおり」が12件、「要改善」が81件、「廃止」が5件となった。

生中継で市内外からリアルタイムで投票が可能

 市が2000人の市民に参加を依頼し、「外部評価モニター」として参加する60人(各日30人)を選出。より事業に対する理解を深めてもらうために7月12日には事前の勉強会を開いた。「外部評価モニター」は外部評価委員と同様に、3区分から評価を行う。また、動画配信サイト「Ustream」による生中継では、市内外の人たちがネットでリアルタイムに投票でき、広く評価を受け付ける。コメントも書き込める予定だ。外部評価の様子は、当日市ホームページにアクセスし、パソコンや携帯電話などで視聴できる。

 対象は、1152事業の中から8事業を選定。26日が「あつぎ鮎まつり事業費」(4300万)「街灯犯罪対策事業費」(1652万1千円)「勤労者住宅資金利子補給金」(596万)「海外友好都市受入・派遣事業」(1244万1千円)。27日が「療育支援事業」(4144万3千円)「温暖化防止推進事業費」(1300万円)「家族等支援事業費」(1854万2千円)「外国語指導助手配置事業」(4075万6千円)。1事業50分程度。

 今回の外部評価に対し、管轄する市行政経営課は「市がどんな事業をやっているのか理解する場になり、市民の方も広く参加し傍聴していただけたら。ネット投票については、厚木市民以外の方も含めたご意見が頂けるのでは」と話した。最終的な評価は、行政評価委員会が決定し、新年度予算に反映させ、今年の秋を目途に市ホームページ等で公表する。

 詳細、問合せは、同課【電話】046・225・2280。
 

厚木版のトップニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク