厚木・愛川・清川版 掲載号:2014年8月29日号 エリアトップへ

活動報告 自主避難!災害情報共有システム「Lアラート」導入を 山口たかひろパパ・ママの代弁者政務調査会副会長神奈川県議会議員

掲載号:2014年8月29日号

  • LINE
  • hatena
甘利明経済再生担当大臣と
甘利明経済再生担当大臣と

導入を提言!Lアラート

 天皇・皇后両陛下が広島土砂災害の未曾有の自然災害で多数の犠牲者が出ていることを受け、静養のご予定を急遽キャンセルされていたことに深い感銘をうけました。多くの命が奪われ未だ行方不明者が多数おり心からご冥福とお見舞いを申し上げます。

 本年6月の大雨では、箱根町で400㎜を超え、県内各地でがけ崩れなどの土砂災害が発生しました。私が調べたところ神奈川県内の土砂災害警戒区域は6819箇所が指定されています。厚木市内でもがけ崩れや土石流発生が心配されます。

 こうした台風や大雨、集中豪雨による被害を即座に『自助』で軽減するためには、土砂災害への警戒や避難に関する情報を県や市町村から県民・市民にしっかりと伝えていく災害情報の受伝達体制の充実が重要です。

 災害情報の住民への伝達は、国や県から通知された情報に基づき、市町村が、防災行政無線やケーブルテレビ、コミュニティFM、インターネットなど様々な媒体で行っています。しかし、防災無線やホームページ、メール配信等の自治体単独の施策では限界があります。

 自らがその生命や財産を守るため、県民・市民が自ら災害情報を迅速に入手できるようにするには、公的機関から住民地域に向けて発信された安心安全そして、いのちに関わる緊急性の高い情報を様々なメディアと連携強化して迅速かつ正確に地域住民に伝える事が大切です。これを目的とした『Lアラート』の新たなシステムの即時導入が必要と提言します。

 このシステムは、これまで自治体から個々の報道機関に個別に提供している避難勧告や指示などの災害情報を、Lアラートに一度入力すれば、参加している多数の報道機関に同時に提供されるというもので、これにより迅速かつ効率的な情報伝達が可能となります。

 厳しい財政状況ではありますが県民、市民の『安全』そして『いのち』を守るために何よりも優先し災害情報が迅速に入手できるようこのシステムの導入を図り即座に『自助』ができる体制充実を図ってまいります。
 

山口たかひろ

厚木市中町4−6−11 4F 山口たかひろ事務所

TEL:046-225-1768

https://www.facebook.com/takahiro.yamaguchi.775

厚木・愛川・清川版の意見広告・議会報告最新6

新政あつぎ

意見広告

新政あつぎ

無所属 厚木市議会会派

1月14日号

地域の将来を見据えて

県政報告

地域の将来を見据えて

神奈川県議会議員 佐藤けいすけ

1月7日号

新たな時代を切り開く

活動報告

新たな時代を切り開く

厚木市議会議長 井上武

1月7日号

現在の事業を分析・評価し、新たな経済発展基盤への公共投資(土地区画整理事業・再開発事業)が必要

未来に向けたまちづくり 意見広告

現在の事業を分析・評価し、新たな経済発展基盤への公共投資(土地区画整理事業・再開発事業)が必要

厚木市議会議員(会派あつぎの会) 井上敏夫

1月1日号

なぜ君は市長になれないのか

あつぎみらい

厚木市議会会派 意見広告

あつぎみらい

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新政あつぎ

    意見広告

    新政あつぎ

    無所属 厚木市議会会派

    1月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook