厚木版 掲載号:2015年8月7日号
  • googleplus
  • LINE

子どもの夢 ケーキで応援 幸せの丘でイベント

社会

ケーキを受け取り笑顔の子どもたち
ケーキを受け取り笑顔の子どもたち
 市内長谷のケーキハウス幸せの丘本店(岡田雅文オーナー)で8月2日、毎年恒例のイベント、「夢の日」が行われた。

 これは、子どもたちから夢を描いたイラストを募集し、ケーキにしてプレゼントする催し。子どもの夢を応援し、さらには家族で夢を語り合うきっかけになればと、2010年から始められた。毎年、多くの応募がある人気のイベントだ。

 この日、ショーケースには色とりどりの絵が描かれたケーキが並び、普段とは一味違った雰囲気となった。次々と来店した子どもたちは、ケーキが手渡されると目を輝かせ、世界で一つしかない自分のケーキをじっくりと眺めていた。

 今回、知り合いから聞いて初めて挑戦した小林志帆さん(8)・駿介君(8)は、「楽しかった。パティシエになりたいから、ケーキの絵を描いた」「サッカーが好きだからのボールの絵を描いた」と、自分たちのケーキに満足げな表情を見せた。

 岡田オーナーは「毎年、たくさんの子どもに喜んでもらえるイベント。日ごろのお礼をできれば」と笑顔でコメントした。

 あす8日には駅前店でもイベントを実施。更に多くの子どもの夢が形になるという。

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高齢者の居場所」

テーマは「高齢者の居場所」

2月20日に学習懇談会

2月20日~2月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク