厚木版 掲載号:2015年8月7日号
  • googleplus
  • LINE

厚高新聞が250号 創刊から65年目

教育

出来上がった紙面と部員たち
出来上がった紙面と部員たち
 厚木高校新聞部(吉垣武顧問・部員数7人)がこのほど、第250号の厚高新聞を発行した。同部は1950年に創設。今年で65年目を迎えている。

 同号は、教育や政治に関する記事から同校教諭の第2子誕生、教諭の生徒時代などアットホームな話題まで、高校生ならではの視点で構成されている。トップ記事では白熱した体育祭の様子を伝えているほか、教育改革や同校の国際交流についてそれぞれ読み応えのある特集が組まれている。

 創刊時、「厚高ニュース」という名前で発行されていた同紙は、保護者や生徒への連絡事項を主に伝えるものだった。今では、生徒の自由な発想を尊重する紙面作りが行われている。

 吉垣顧問は同校在学当時、第150号の発行に関わった一人。「節目の号として、座間キャンプに取材をしに行った記憶があります」と懐かしむ。同紙は、部員減少で委員会が製作した時期もあったが、発行が途絶えることはなかったという。

 同紙は全国紙サイズ・4ページ立てで、年3号を定期発行している。撮影や取材、企画のアイデアや広告の営業まで、ほぼすべてが生徒主体。印刷は神奈川新聞社に依頼し、プロから指導を受けながら製作されている。校外取材で社会に触れる機会も多く、「夢を見つけやすいのも魅力」と杉本寅彦副部長(2年)。

 テスト期間などで苦労も多く、節目としての特別な意識は持てなかったという同号。感想を聞くと上野遼部長(2年)は「いつも通り忙しかったが、2年中心で作った最初の号でもあるので、発行できて良かったです」と振り返った。

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高齢者の居場所」

テーマは「高齢者の居場所」

2月20日に学習懇談会

2月20日~2月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク