厚木版 掲載号:2015年8月21日号
  • googleplus
  • LINE

戦後70年 絵本で知る戦争 『とうきょうの空』

社会

母親の戦争体験をまとめた絵本を持つ幸田さん
母親の戦争体験をまとめた絵本を持つ幸田さん
 今年は、終戦から70年という節目。戦争体験を語ることができる世代が少なくなる中で、絵本に体験者の記憶を残した人がいる。市内で絵本専門店を営む幸田和子さん(61)だ。

 「戦争の本当の話を知る人がいなくなってしまうから、伝えたいという思いで本を作った」という幸田さん。絵本『とうきょうの空』は、2010年10月に自費出版で製作。子どもに読んでもらえるようにと絵本にまとめ、厚木市、愛川町、清川村に寄贈されている。

 内容は、13年に84歳で亡くなった幸田さんの母親・ヒデ子さんから聞いた話を元に構成。東京都渋谷区で暮らしていたヒデ子さんが体験した、昭和20年5月25日の空襲が描かれている。タイトルは、母が好きだった晴れた東京の空は、夜に爆撃機が襲ってくる空でもあったことから付けられた。

 絵本には、避難場所だった学校を避け、掘ったくぼみに隠れる描写がある。結果として、人が多く集まる学校は空襲の標的となっており、絵本には自分で考えて行動することの大切さもメッセージとして込められている。

 幸田さんは、地域の子どもたちに戦争の話をする中で、「戦争のことを知りたがっている」と感じた。最近でも、近所に住む小学6年の男の子が「実際にあった話が知りたい」と店を訪れ、『とうきょうの空』を真剣に読んでいたという。

 幸田さんは「絵本を通して戦争は良くないこと、平和のありがたみを伝えたい。戦後70年の今年、改めて戦争と平和を考える年にしてほしいですね」と語った。

 『とうきょうの空』は、市内の小学校、各地区の公民館、市中央図書館で読むことができる。

くぼみに隠れるシーン
くぼみに隠れるシーン

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

KAIT BLUEに奨励賞

開幕前に決意表明

長谷スポーツ少年団が40周年

「2度目の春、迎えました」

新春のつどい

◆(株)リラフル

新春のつどい

2月16日号

新春のつどい

◆厚木地区食品衛生協会

新春のつどい

2月16日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高齢者の居場所」

テーマは「高齢者の居場所」

2月20日に学習懇談会

2月20日~2月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク