厚木版 掲載号:2015年8月28日号
  • googleplus
  • LINE

避難行動支援ネット 9月11日に模擬訓練 災害に備え、ボラ登録を呼びかけ

社会

アプリのマーク
アプリのマーク

 9月1日の「防災の日」を前に、「災害時避難行動支援ネットワーク」が、ボランティア登録を呼びかけている。支援ネットは自然災害時に「ひとりでは避難行動できない人」と「ボランティア」をつなぐことをめざし、今年6月に設立された民立民営団体。代表は市内の開業医・馬上喜裕医師。厚木市や厚木医師会、厚木商工会議所などが協力団体として名乗りを上げ、現在、県に特定非営利活動法人の認証を申請中だ。

 仕組みはスマートフォンやタブレット端末のアプリを活用。避難所で支援が必要なときに、登録ボランティアに支援依頼連絡が配信され、配信を確認した人は「活動できる」「できない」をプッシュ通知で返信する。

 同団体は毎月11日を災害時を想定しての訓練日とし、9月11日(金)に3回目の「アプリ模擬訓練」を実施する。

登録・参加するには

 8月のアプリ模擬訓練の参加者は36人。市内で災害時などに支援を要する人は約3000人。同会によると要支援者1人に対し4人のボランティアが必要だという。全員が行動できるわけではないため、より多くの登録者が必要となる。

 参加するには会員登録が必要。訓練日当日は、昼12時半〜1時ごろまでの間に、登録者に支援要請通知が配信される。確認したらプッシュ通知を返信するだけ。

 同団体は「訓練を重ね、いざという時のため、地域全体で備えましょう」と話している。詳細は「支援ネット」検索か、http://www.will-sien.net/へ。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のトップニュース最新6件

防災に生かす、社会経験

県総合防災センター

防災に生かす、社会経験

2月16日号

後輩に語る“仕事の軌跡”

夢実現の軌跡 書籍化へ

厚木市出身加藤久美子さん

夢実現の軌跡 書籍化へ

2月9日号

ATMに厚木の観光情報

横浜銀行

ATMに厚木の観光情報

2月9日号

テレワークの拠点を整備

プロミティあつぎ内

テレワークの拠点を整備

2月2日号

「飯山の玄関」が完成

中飯山自治会館

「飯山の玄関」が完成

2月2日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高齢者の居場所」

テーマは「高齢者の居場所」

2月20日に学習懇談会

2月20日~2月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク