厚木版 掲載号:2015年10月30日号
  • googleplus
  • LINE

文化財公開に400人 相川地区の三カ寺で

文化

木造菩薩立像を鑑賞する拝観者(=延命寺)
木造菩薩立像を鑑賞する拝観者(=延命寺)
 厚木市教育委員会による市内の文化財一般公開が10月23日から25日まで行われた。

 これは文化庁の文化財保護強調週間を前後して毎年行われているもの。今年は相川地区の長徳寺、延命寺、法雲寺の三カ寺が所有する仏像などが拝観者に向けて特別公開され、3日間で合計438人が訪れた。また市教育委員会や県央史談会による文化財めぐりも期間中に開かれ、多くの人が貴重な文化財を鑑賞した。

 そのうちのひとつ、市内戸田の延命寺(安藤誠崇住職)では厚木市指定有形文化財の木造菩薩立像2体が公開された。この像はもともと三尊像の脇侍であったと考えられており、制作時期は12世紀前半と推定される。表情や衣文などに平安時代後期の特徴が見受けられる。期間中はあつぎ観光ボランティアガイド協会の会員らが拝観者へ立像の説明を行った。拝観者は「よく見ると足のところでしなを作っている」など、立像の細かい部分まで観察しながら説明を聞いていた。

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高齢者の居場所」

テーマは「高齢者の居場所」

2月20日に学習懇談会

2月20日~2月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク