厚木版 掲載号:2015年10月30日号
  • googleplus
  • LINE

愛甲小学校 親子と地域と学校交流 40周年企画も実施

教育

ゲームを夢中で楽しむ児童たち
ゲームを夢中で楽しむ児童たち
 愛甲小学校(高村大校長・児童数534人)で10月24日、同校PTAが主催する「愛甲小ふれあい大会」が開かれた。

 この交流会は、子どもと保護者、学校と地域の交流を目的に全校児童を対象に毎年開催しているもの。この日は、オープニングイベントとして東名中学校1年生75人が合唱。そのあと児童たちは、オリジナルミサンガやハロウィーンカード作り、箱に書いてある文字を積み上げて完成させるゲームなどを夢中になって遊んでいた。初めて行うけん玉や独楽、お手玉などの「むかしあそび」を地域のお年寄りに教わりながら楽しむ姿も見られた。炭火での「手焼きせんべい」作りは行列ができるほど人気だった。

 企画から運営まで全て同校PTAの手で行われるこの交流会。1学年から6学年までのPTAがそれぞれ学年ごとに趣向を凝らした手作り企画を実施したほか、愛甲公民館の福祉推進委員会、地域の自然クラブも参加。また今年は同校40周年を記念して、3、4年生による階段アートと、同校卒業生などから集めた思い出の写真展示の特別企画も行われた。

 4年生の松永瑚白さんと八嶋美季さんは、「難しかったけど、ゴルフボールのボーリングが楽しかった」「手焼きせんべいをお母さん達のおみやげにしたい」と話した。PTA会長の村上善則さん(38)は、「子ども達の笑顔を作るために力を合わせてきました。楽しんでいる姿が見られて親も嬉しいです」と語った。

40周年記念の階段アート
40周年記念の階段アート

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

KAIT BLUEに奨励賞

開幕前に決意表明

長谷スポーツ少年団が40周年

「2度目の春、迎えました」

新春のつどい

◆(株)リラフル

新春のつどい

2月16日号

新春のつどい

◆厚木地区食品衛生協会

新春のつどい

2月16日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高齢者の居場所」

テーマは「高齢者の居場所」

2月20日に学習懇談会

2月20日~2月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク