厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

バリ島の児童と交流 七沢希望の丘初等学校で

教育

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena
箸を使って給食のやきそばを食べるサラスワティ小学校の児童(右)
箸を使って給食のやきそばを食べるサラスワティ小学校の児童(右)

 インドネシアの小学生10人が3月14日、学校法人内田学園七沢希望の丘初等学校(島根照夫校長・児童数40人)を訪れ、同校児童らと交流した。

 同校が海外からの児童を受け入れるのは初めて。同国と交流のある伊勢原市のNPO法人たこ凧揚がれと、同校の保護者が橋渡し役となった。

 来校したのは、バリ州デンパサールにある私立サラスワティ小学校の5年生2人、6年生8人の計10人。サラスワティ小では3年生になると日本語の授業が始まり、1週間に1回学んでいる。さらに現地のテレビで日本のアニメが放映されるなど、日本文化に触れる機会もあるという。

 この日は1〜6年生の各クラスにインドネシア人児童が分かれ、習字や折り紙など日本の文化を体験。昼休みには、かるたなど日本の遊びを楽しんだ。日本に初めて訪れたというグン・ドウィさんは、「折り紙がとても楽しかった」と笑顔を見せた。

 島根校長は「文化交流を通じて世界に関心を向けてほしい。交流を文化として定着させたい」と期待を寄せた。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

奉仕の誓い新たに

厚木RC

奉仕の誓い新たに 社会

60周年で記念例会

5月14日号

4市の書作品を展示

4市の書作品を展示 文化

20日から県央連合書展

5月14日号

ATGサイレン灯

Y・F(ユースフォーラム)をオンラインで

国際ソロプチミスト厚木

Y・F(ユースフォーラム)をオンラインで 社会

コロナ禍で初の取り組み

5月14日号

「シーゲイルズJr.」始動

中学生ラグビー

「シーゲイルズJr.」始動 スポーツ

県央・県西地区に受け皿

5月14日号

ジャズとクラシックの融合

タウンニュースホール

ジャズとクラシックの融合 文化

寺井尚子with中鉢聡

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter