厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

土砂災害から身を守る 市が急傾斜地マップ作成

政治

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena
完成したハザードマップを持つ市職員
完成したハザードマップを持つ市職員

 厚木市は、市内で高低差の激しい「急傾斜地」を記した市土砂災害ハザードマップを3月11日、作成した。

 今回ハザードマップに記された急傾斜地の土砂災害警戒区域は、傾斜度が30度以上で高さが5メートル以上の区域。これまでは、図面から高さなどを想定しマップが作成されていたが、実際に現場を調査したデータを用いて警戒区域を設定したのは今回が初めて。

 同マップは、国が定める「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(土砂災害防止法)」に基づき作成。市民に自分の居住地が警戒区域であるか認知させ、台風時等に早めの避難をしてもらうことが目的。警戒区域は、茶色の線で囲まれており、人家が含まれている区域もある。

家の位置も分かりやすく

 マップの大きさは、A1判サイズ。厚木市を「依知・睦合・緑ヶ丘地区」など4つの地区に分け、分割にして掲載することで各住居や建物の位置が識別しやすいよう配慮されている。また、市内マップの新たな取り組みとして、各自治会エリアを記載。8万部作成し、予算は400万円。マップは、各家庭に4月15日発行の公民館だよりと併せ自治会を通じて配布され、公共施設でも手に入る。公民館にはA0判サイズのマップが掲示される。

 作成を担当した市危機管理課の梅津昌信課長は、「土砂災害は、梅雨時期に向かって増えることが予想される。自宅が警戒区域にあるかどうかを確認し、区域付近の方は台風や大雨警報が発令される前に避難するようにしてもらいたい」と注意を呼び掛けている。市内では毎年、平均2〜3カ所の事故に至らない土砂崩れが発生しており、昨年は人家ギリギリまで崩れたケースもあったという。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

『実践 樹幹注入の心得』

栗原俊光さん著

『実践 樹幹注入の心得』 文化

5月7日号

医療従事者へ花束

厚木商議所女性会

医療従事者へ花束 社会

5月7日号

大きく育て卒業証書

タウンレポート

大きく育て卒業証書 教育

半原小で「楮」の苗植え

5月7日号

歯科医会と連携強化

清川村

歯科医会と連携強化 社会

健康診査事業を実施

5月7日号

新チームを紹介

はやぶさイレブン

新チームを紹介 スポーツ

キックオフパーティー

5月7日号

実践的訓練で備え

愛川町

実践的訓練で備え 社会

新型コロナのワクチン接種

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter