厚木版 掲載号:2016年5月27日号
  • googleplus
  • LINE

避難所運営に派遣 YMCAの野澤園長

社会

段ボールベッドを組み立てるスタッフ(野澤さん提供)
段ボールベッドを組み立てるスタッフ(野澤さん提供)
 YMCAあつぎ保育園ホサナ(中町)の野澤ひらく園長が、横浜YMCAの一員として4月30日から5月6日まで熊本地震の被災地で緊急支援活動を行った。

 野澤園長が活動を行ったのは、現在避難所となっている益城町総合運動公園。同公園は熊本YMCAが指定管理者で、地震発生後は全国のYMCAスタッフが交代で派遣され、避難所運営などにあたっている。

 過去には阪神淡路大震災や中越地震でボランティアセンターのコーディネーターを経験している野澤園長。今回は初めて避難所運営を担当することとなり、館内レイアウトを仕切ることとなった。

 当時は車中泊を含め1500人が同公園に避難。野澤園長らは避難所に届いた段ボールベッドの組み立てや、設置に伴う避難者たちの個人スペースの調整などを担当した。避難者一人一人の意向を聞き取り、時にはトラブルの仲介役も果たした。「日常的にYMCAでやっていることが避難所運営にも生かされた」と野澤園長。今後は「募金やその使い道の報告を広く伝えることでの、被災地の後方支援も大切」と話した。

厚木版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク