厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

家族の負担を軽減 障がい児・者支援事業

社会

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市は、6月1日から医療ケアを必要とする重症心身障がい児・者を対象にした訪問看護支援事業を開始した。

 これは、医療保険制度等の訪問看護を利用する際に、それに最長3時間まで上乗せし、医療ケアが受けられるようになるという市の単独事業。予算は約300万円。県内では川崎市、相模原市に次ぐ取り組みで、政令指定都市以外では初となる。

 従来の医療保険等を使用した支援体制は、訪問看護サービスを1時間30分まで受けられるという内容だった。しかし、これでは介護をする家族にとって短いという意見が、過去の意見交換会などで挙がっていた。そこで、在宅で介護をする家族の負担を減らすべく、時間の延長に対する支援を検討。6月1日から、実現に至った。

 利用回数は月1回まで。対象者は市内で生活をしている、重症心身障がい児・者の認定を受けている人。利用者負担額は、最大2240円で、家庭の所得状況により変化する。

 市内で重症心身障がい児・者と認定を受けている人は69人。うち、訪問看護を利用している人は14人。今回の支援拡大によって、新たに制度を活用する人も増えるのではと、市障がい福祉課は予測する。同課の尾形正課長は「こうした支援事業を活用し、障がい者の方、またその家族の方々にいきいきとした生活を送っていただければと思います」と話した。

 問合せは同課【電話】046・225・2254へ。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

束の間の「白銀」

束の間の「白銀」 社会

関東各地で積雪

1月14日号

昇格戦初戦に勝利

はやぶさイレブン

昇格戦初戦に勝利 スポーツ

次戦は23日に保土ヶ谷で

1月14日号

漂着した「軽石」展示

郷土博物館

漂着した「軽石」展示 文化

友好都市・糸満市が提供

1月14日号

のむらうこさん原画展

のむらうこさん原画展 文化

絵本の素材や道具なども

1月14日号

あなたのそばに「社協」

厚木市社会福祉協議会

あなたのそばに「社協」 社会

会長 山口泉

1月14日号

豊かな心で誰もが住みたいまちづくりを目指して

厚木市自治会連絡協議会

豊かな心で誰もが住みたいまちづくりを目指して 社会

会長 宮田幸紀

1月14日号

積水ハウスの上質な建物を実感!

施主様のこだわりなど生の声も聴くことができる特別な見学会

https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/14/3110020010/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook