厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

厚木市動物愛護推進協議会の会長を務める 熊坂 知也さん 愛川町在住 51歳

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena

人も動物も「家族」

 ○…動物愛護、福祉の推進を目的に昨年7月に設立された厚木市動物愛護推進協議会。厚木愛甲獣医師会の会長の傍ら同協議会の会長も務め、市やボランティア団体と連携し講演会やイベントを実施。10月16日には動物愛護のシンポジウムを開催した。今年のテーマは災害時のペット動物対策。150人を超える市民が講演に耳を傾けた。

 ○…「飼っている人にとって動物は家族。ですが、動物が嫌いな人もいます。災害が起きた時の為にも、できるだけ多くの人に対応法を知ってもらいたいです」とその意義を話す。そのために、進めているのが「災害時ペット動物行動指針」の作成。「厚木市はぼうさいの丘公園にペット用の備蓄品があります。けれども、災害時にペットを連れて非難する『同行避難』のマニュアルはまだありません。まずは市と一緒に指針を作ることで、自治会ごとの避難所に対応したマニュアル作りに繋げていきたいです」

 ○…「推進協議会として目指すのは、人と動物が共生できる社会。そのためには課題を一つひとつクリアにして行くしか方法はありません」と話す。ぼうさいの丘公園ではしつけ教室と避難訓練を開催し、子どもにも動物愛護の心を学んでもらう小学生を対象にした動物愛護ポスター展など、活動は多岐にわたる。「獣医師会、行政、団体と連携し、更には愛川町・清川村といった行政間の繋がりも目指していきたいですね」と展望を語った。

 ○…愛川町出身。動物が好きで、物心ついた頃から獣医をめざし東京農工大へ進学。修行期間を経て、1995年に地元・中津で「あい動物病院」を開院した。犬派・猫派の質問には「どっちかなあ」と迷いつつ、「猫には常に囲まれていますね」とポツリ。その数は「ちょっと言うのは」と口ごもるほど。趣味はバイクで、獣医師仲間とのツーリングに繰り出すのが休日の過ごし方。獣医師の妻とたくさんの猫と暮らす。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

栗原 俊光さん

初の著書『実践 樹幹注入の心得』を出版した

栗原 俊光さん

厚木市恩名在住 75歳

5月7日号

阿部 牧子さん

第37回墨神会水墨画全国公募展で文部科学大臣賞を受賞した

阿部 牧子さん

厚木市岡田在住 75歳

4月23日号

押部 修一さん

厚木警察署の署長に3月22日付けで就任した

押部 修一さん

第97代署長 58歳

4月16日号

鳥居 秀生(しゅうせい)さん

厚木市立病院災害派遣医療チームDMATの車両デザインを担当した

鳥居 秀生(しゅうせい)さん

厚木市愛甲在住 41歳

4月9日号

石井 克典さん

3月15日付で自衛隊厚木募集案内所の所長に就任した

石井 克典さん

相模原市在住 51歳

4月2日号

井上 真弓さん

舞台用背景幕が完成した長谷ささら踊り盆唄保存会会長の

井上 真弓さん

厚木市三田南在住 65歳

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter