厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

新しい神輿でワッショイ 飯山の日枝神社例大祭

文化

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena
活気よく練り歩く担ぎ手たち
活気よく練り歩く担ぎ手たち

 市内飯山の日枝神社で10月15日、「日枝山王神社例大祭」が行われ、今年新しくなった神輿が初めてお披露目された。

 この例大祭は、地域の安穏と五穀豊穣に感謝を込め、日枝上、日枝下、日枝辻の3自治会が合同で毎年行っている。新しい神輿は、飯山在住の松野正剛さん(74)が個人的に制作した神輿を寄付したもの。制作期間は約1年で、重さ約350kg、高さ約2mの総ケヤキ造り。これまでの神輿は、福島県南相馬市に寄付されたという。

 この日は、神輿の初お目見えということもあり、例年より多い老若男女およそ80人、担ぎ手だけで50人ほどが参加。日枝上自治会の佐々木功雄会長は、「新しい神輿だと、人手も集まり活気が違う。皆さんのおかげです」と感謝していた。日枝神輿保存会の高橋米雄会長は、「年1回の行事で楽しみにしていた。地域の盛り上げに繋がるよう続けていきたい」と話した。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

奉仕の誓い新たに

厚木RC

奉仕の誓い新たに 社会

60周年で記念例会

5月14日号

4市の書作品を展示

4市の書作品を展示 文化

20日から県央連合書展

5月14日号

ATGサイレン灯

Y・F(ユースフォーラム)をオンラインで

国際ソロプチミスト厚木

Y・F(ユースフォーラム)をオンラインで 社会

コロナ禍で初の取り組み

5月14日号

「シーゲイルズJr.」始動

中学生ラグビー

「シーゲイルズJr.」始動 スポーツ

県央・県西地区に受け皿

5月14日号

ジャズとクラシックの融合

タウンニュースホール

ジャズとクラシックの融合 文化

寺井尚子with中鉢聡

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter