厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

ZOOM UP 「高齢者こそ声をあげて」 厚木市消費生活懇話会会長 渡邊廣記さん(63)

社会

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena
厚木は終の棲家と話す渡邊さん
厚木は終の棲家と話す渡邊さん

 厚木市消費生活懇話会とは「だれもが安心して安全に暮らすことのできるまちをめざすため」、市民とともに考え行動する組織。事務局は市消費生活センターに置かれている。2年任期の公募制。応募資格は市内在住の20歳以上で、生活物資の販売に係わっていないことが条件だ。市や関係団体と協力し、悪質商法などを未然に防ぐための啓発活動を街頭や公民館まつりで行ったり、市民目線の提案を行うこともある。

*  *  *

 ▽同会の委員は9人。男性5人、女性4人、世代は60〜70代。「定年して、親の介護が終わって、自分たちの街が客観的にみられる世代なんです」。渡邊さんは委員になって3期目。「長年住んでいる厚木。何をしたら我が街に協力できるのか」と考えたのが委員へ応募したきっかけだ。

 ▽法律事務所のスタッフとして長年勤めたあと、50代前半で中小企業や小規模企業の経営相談などを受けるコンサルオフィスを立ち上げた。仕事の延長もあり、街の活性化には興味を持っていた。1人ではなかなか実現できないことも会として提言できる。よりよい街づくりへ協力する近道になったことに大きな意義を感じている。10月31日には市主催の「食の安全」講演会の協力会として参加。講師はTV出演などでおなじみの垣田達哉氏。食品表示の真実を知ることができると毎年人気の講演会だ。

 ▽「消費生活」の範囲は多岐にわたる。活動のテーマにしてきたことは「悪質商法」「葬儀」「食の安心・安全」など。毎日の生活のなかで「困った」「おかしい」と感じたら、関係機関に連絡することが大切。「関係機関がわからなければ、市や消費生活センターに、確認してほしい」と。「高齢になると声をあげない方たちが増える。でも経験を積んだ人たちだからこそ、発信してほしい」、それが、街や自分たちの生活のクオリティをあげることにつながると、言葉に熱が入った。

樹木葬霊園 愛甲石田 

4月17日(土)18日(日)に現地見学会開催!ペットと一緒もOK!

https://www.fujimishikiten.co.jp/publics/index/31/detail=1/b_id=53/r_id=212/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

事前審査に10陣営

村議選

事前審査に10陣営 政治

4月18日投開票

4月9日号

自民対立民の構図か

衆院選神奈川16区

自民対立民の構図か 社会

4月9日号

ATGサイレン灯

いただいた「命」に感謝

【Web限定記事】

いただいた「命」に感謝 文化

厚木市畜産会が霊供養祭

4月9日号

新生厚木SCが始動

【Web限定記事】女子ソフトボール

新生厚木SCが始動 スポーツ

4月16日に日本リーグ初戦

4月9日号

厚木市中央図書館に除菌機

【Web限定記事】

厚木市中央図書館に除菌機 社会

本の内側も除菌可能に

4月9日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク