厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

高齢者支援にロボット活用 全国初 在宅介護支援モデル始動

社会

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena
プロジェクトのイメージ図
プロジェクトのイメージ図

 ロボットを活用して在宅高齢者と地域の介護・医療・行政機関がつながり、地域全体で在宅介護を支援する新たな取組みが厚木市でスタートする。産・学・官・医の連携による地域包括ケアサービスで、プロジェクトの担当者によると全国初の取組みになるという。

 プロジェクトはロボットと地域、行政が連携して在宅高齢者をサポートする仕組みを作ろうというもの。介護ロボット産業をテーマとした新産業の創出や、地域医療の発展、地域経済活性化の推進などがねらい。全国中小企業団体中央会の2016年度ものづくり中小企業・小規模事業者連携支援事業に採択された。

 プロジェクトのメンバーには厚木でロボットを開発する各種団体や医療法人、行政などの関係者が入る予定。連携事業者を募集し、今後はニーズ調査や事業モデルの検討、介護老人保健施設内等での検証を経て、2019年度には支援事業をスタートさせたいという。

11月4日に発足式

 プロジェクトの発足式が11月4日(金)に中町のアミューあつぎ7階のamyuスタジオで行われる。

 発足式に先がけ、午後5時からは記念講演会を開催。介護ロボット経営実践会主宰の関口史郎氏が「人とロボットが共存して拓く高齢者ケアの未来」を、さがみ介護ロボット開発支援センター長の山下俊紀氏が「介護支援の三要素」をテーマにそれぞれ講演する。参加は無料。

 申込み・問合せは(株)エルエーピー【電話】046・204・9343へ。

樹木葬霊園 愛甲石田 

4月17日(土)18日(日)に現地見学会開催!ペットと一緒もOK!

https://www.fujimishikiten.co.jp/publics/index/31/detail=1/b_id=53/r_id=212/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

玄関口 装い新たに

本厚木駅南口再開発事業

玄関口 装い新たに 社会

「本厚木ミハラス」など完成

4月9日号

10月23・24日に開催予定

あつぎ鮎まつり

10月23・24日に開催予定 社会

コロナ感染状況で中止も

4月9日号

解除後も警戒続く

緊急事態宣言

解除後も警戒続く 社会

経済活動と感染防止両立

4月2日号

要望叶い音響式信号設置

毛利台在住水野晴彦さん

要望叶い音響式信号設置 社会

「うれしいが課題も」

4月2日号

CF(クラウドファンディング)でDMAT車両を新調

厚木市立病院

CF(クラウドファンディング)でDMAT車両を新調 社会

NTCがデザインで協力

3月26日号

60周年で時計塔寄贈

厚木RC

60周年で時計塔寄贈 社会

本厚木駅南口に設置

3月26日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク