厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

タイトルマッチに初挑戦 現役高校生の大田選手

スポーツ

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena
「相手を圧倒したい」と話す大田選手
「相手を圧倒したい」と話す大田選手

 中町の新興ムエタイジムに所属する現役高校生プロキックボクサーの大田拓真選手(17・温水)が10月30日、ニュージャパンキックボクシング連盟(NJKF)のフライ級王者決定戦(3分5ラウンド)に初めて挑戦する。

 大田選手は県立平塚湘風高校に通う2年生。キックボクシングを始めたのは小学5年生のときだった。テレビで格闘技の試合を観たことがきっかけで、「面白そう。自分も強くなりたいと思った」という。

 同ジムの門を叩いた大田選手は、3カ月後にはリングに上がり、アマチュア時代は勝率80%以上を誇った。南毛利中学校3年生の時にプロテストを受験し一発合格。夢だったプロへの道を切り拓いた。

超新星対決

 プロでの戦績は9戦7勝1敗1分け(3KO)。現在、フライ級のランキング1位。30日に都内のディファ有明で対戦する能登龍也選手(同2位)は、大田選手がデビュー戦で引き分けた相手。今回チャンピオンがベルトを返上したことから、ランキング1位と2位の「超新星対決」として新チャンピオンを決定する。

 アマチュア時代からムエタイの本場、タイ国にも遠征し実戦を積んできた大田選手。現在は7kgの減量の真っ最中で、追い込みながら得意の蹴り技を磨いているという。

 大田選手は「小学生からキックボクシングを続けてきて自信はある。調子は良いので自分のすべてを出し切りたい」と話し、「5ラウンドやる予定はない。KOを狙って相手を圧倒したい」と加えた。

 同ジムの坂上顕二会長は「落ち着いて気負わずに、いつも通り戦えば勝てる相手。狙ってKO勝ちしてほしい」とエールを送った。

樹木葬霊園 愛甲石田 

4月17日(土)18日(日)に現地見学会開催!ペットと一緒もOK!

https://www.fujimishikiten.co.jp/publics/index/31/detail=1/b_id=53/r_id=212/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

玄関口 装い新たに

本厚木駅南口再開発事業

玄関口 装い新たに 社会

「本厚木ミハラス」など完成

4月9日号

10月23・24日に開催予定

あつぎ鮎まつり

10月23・24日に開催予定 社会

コロナ感染状況で中止も

4月9日号

解除後も警戒続く

緊急事態宣言

解除後も警戒続く 社会

経済活動と感染防止両立

4月2日号

要望叶い音響式信号設置

毛利台在住水野晴彦さん

要望叶い音響式信号設置 社会

「うれしいが課題も」

4月2日号

CF(クラウドファンディング)でDMAT車両を新調

厚木市立病院

CF(クラウドファンディング)でDMAT車両を新調 社会

NTCがデザインで協力

3月26日号

60周年で時計塔寄贈

厚木RC

60周年で時計塔寄贈 社会

本厚木駅南口に設置

3月26日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク