厚木版 掲載号:2016年12月2日号
  • googleplus
  • LINE

11月1日付で厚木商工会議所の第10代会頭に就任した 中村 幹夫さん 上依知在住 69歳

めざすは「強い商工会議所」

 ○…11月24日、厚木商工会議所5階ホールで行われた所信表明。中村体制を支える副会頭ら同席のもと、同会議所議員が出席、さらに行政関係者、地元メディア各社も駆けつけ会場は満席。会議所の歴史の中でも初となる会頭の所信表明は大きな注目を集めた。

 ○…プロジェクターを用いての所信表明。基本方針をこれまでの明るく元気な商工会議所に加え「強い商工会議所へ」と発表。合言葉は「Power UP・3000」だ。強い商工会議所の条件として「資金力」「組織力」を挙げた。具体的には現在の会員数約2000事業所を3年間で3000へ、そして総会などへの出席率アップを求めた。さらに会員増強委員会の設置、業種ごとの部会を6部会から7部会体制へ、など具体的に現在の状況を数値で示し、めざすイメージを明確に打ち出した。

 ○…(株)大和ケミカルの会長。高知県出身。工業高校卒業後、内陸工業団地の会社に就職。25歳で友人と会社を立ち上げ。そして不慮の事故による永遠の別れ。「彼がいなかったら今の自分はない」という人生の相棒を失い、一度はあきらめかけた事業も創業40年で息子に譲った。この波乱万丈の人生は、自叙伝『いごっそう人生』にしたためた。

 ○…会頭就任から1カ月。11月中に90を超える会議所議員の全事業所を挨拶してまわった。自分は「地元の人間ではないから、これが会頭としての”1丁目1番地”。必ず訪問しようと決めていた」と。スケジュール帳には予定がびっしりと埋まっていた。「行動あるのみ、猪突猛進型、せっかち」と自己分析。ジョン万次郎、岩崎彌太郎、板垣退助を生んだ土佐のDNAを引き継いでいる。「新たな波乱万丈の幕開けですね」との問いかけに力強くうなずいた。「厚木の商工業の発展のために尽くせれば、生かしてくれる神様に恩返しできる」と。「厚木の底ヂカラをもう一度信じてみたい」、そう思えるリーダーが現れた。

厚木版の人物風土記最新6件

松隈(まつくま) 豊さん

8月11日の「かながわ山の日」イベントを主催する

松隈(まつくま) 豊さん

8月10日号

横内 謙介さん

あつぎ文化芸術特別大使として市内の文化振興に尽力する

横内 謙介さん

7月13日号

森屋 昭一さん

4月から厚木市大規模災害サポート隊の隊長を務める

森屋 昭一さん

7月6日号

谷口 晃さん

厚木リコーダー・オーケストラの代表を務める

谷口 晃さん

6月29日号

中野 正規さん

「私学教育の振興に尽力した」として、2018年度神奈川県県民功労者表彰を受賞した

中野 正規さん

6月22日号

渡辺 啓輔さん

アミューあつぎで初めて個展を開催している画家の

渡辺 啓輔さん

6月15日号

レンブラントホテル厚木

神奈川県厚木市中町2-13-1 046-221-0001

https://rembrandt-group.com/atsugi

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

帰ってきたあつお展

帰ってきたあつお展

あつぎロードギャラリー

8月17日~9月19日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク