厚木版 掲載号:2016年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

楽しく手話を学ぼう あつぎ筆記通訳「道」が交流会

社会

「買う」の手話を説明する永嶋代表
「買う」の手話を説明する永嶋代表
 聴覚障がい者の支援を行っているあつぎ筆記通訳「道」(永嶋純子代表)が12月7日、総合福祉センターで手話交流会を行った。

 「道」は、1989年に設立し、会員数は30人ほど。聴覚障がい者と健聴者が互いに助け合って活動すること基本に、バス旅行なども企画。17日(土)には聴覚障がいのある講師を招いた講演会を予定している。

 6年ほど前から行っているこの交流会。難聴者の永嶋代表が講師となり、聴覚障がい者と健聴者が一緒に手話を学ぶ場として、毎月第1・3水曜日の午後1時から開かれている。

 この日は、文字で通訳する要約筆記者6人を含む17人が参加。手話を間違えると笑い合うなど、楽しみながら手話を学んでいた。永嶋代表は、「難聴者も健聴者も一緒になって楽しんでいます。声をかけてもらえれば手伝えることもあると思うので、気軽に訪ねてもらえたら」と話した。

厚木版のローカルニュース最新6件

レンブラントホテル厚木

神奈川県厚木市中町2-13-1 046-221-0001

https://rembrandt-group.com/atsugi

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

帰ってきたあつお展

帰ってきたあつお展

あつぎロードギャラリー

8月17日~9月19日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク