厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年12月23日号 エリアトップへ

“つながる大山”観光アプリ  厚木・伊勢原・秦野3市で共同開発

社会

掲載号:2016年12月23日号

  • LINE
  • hatena
スマホのほか、タブレットでも閲覧可能
スマホのほか、タブレットでも閲覧可能

 厚木市と伊勢原市、秦野市が3市共同で開発した観光アプリ「おおやまめぐりガイド」がこのほど公開された。市は関連事業として、七沢や飯山の温泉旅館などを中心に無料のWi―Fi環境の整備も予定。外国人をはじめとした観光客の増加をねらう考えだ。

 このアプリは、県が推奨する新たな観光の核づくり事業における「第4の国際観光地」候補として認定された、大山地域への観光客の誘致を促進することを目的に開発されたもの。

 地方創生加速化交付金を活用した「つながる大山」プロジェクト事業として3市が共同開発。事業費は3市で4519万8千円。

 同アプリのメインページはナビゲーション機能を活用したルートガイドで、3市と大山をつなぐ3つの登山ルートが紹介されている。厚木ルートは、本厚木駅〜七沢の広沢寺温泉と大山をつなぐ「癒し・スピリチュアルルート」だ。

 このほか、観光スポットやWi―Fiスポットの検索、観光施設や危険個所などを知らせる自動音声ガイダンスが収録されている。また大山山頂で端末のカメラをかざすと「江の島」や「東京タワー」などの観光スポット名が浮かび上がるAR(拡張現実)機能も搭載。さらに英語のほか、韓国語や中国語など多言語にも対応。言語ごとの「旅の会話帳」も搭載されている。

 市観光振興課は、「アプリは外国人観光客に限らず、身近にある観光資源を知るきっかけになる。大山を中心とした3市の観光地としての魅力を再発見するきっかけにしてほしい」と話している。なお、12月から大山山頂にも無料Wi-Fiスポットが整備された。このアプリは、市のホームページ、appストア・GooglePlayからダウンロードできる。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

3回目接種 前倒し

厚木・愛川・清川

3回目接種 前倒し 社会

オミクロン株の流行で

1月21日号

開館50周年 更なる発展を

緑ケ丘公民館

開館50周年 更なる発展を 社会

「地域と共に歩む」

1月21日号

2分署が新築供用開始

厚木消防署

2分署が新築供用開始 社会

相川と南毛利

1月14日号

心を繋ぐ「結」の年に

清川村

心を繋ぐ「結」の年に 社会

新春村長インタビュー

1月14日号

揃って式典開催へ

厚木・愛川・清川

揃って式典開催へ 社会

新成人は3自治体で2,884人

1月7日号

「万里一空」を胸に

愛川町

「万里一空」を胸に 社会

新春町長インタビュー

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新政あつぎ

    意見広告

    新政あつぎ

    無所属 厚木市議会会派

    1月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook